医院名:都田泌尿器科医院 泌尿器科・性病科
住所:〒567-0828 大阪府茨木市舟木町5-14YNビル2F TEL:072-632-0111
携帯サイト:http://www.hinyoukika.jp
前立腺検査 症例紹介

→症例と解説へ
検査・検診へ

超音波(TRUS)写真 コメントと生検の結果
正常前立腺

三角形の経直腸式の超音波画像です。左右径38.1mm 前後径20.9mm

尿道はこの三角形の中心にあり、尿道への圧迫は無いので排尿はスムースです。
前立腺肥大症

前立腺は肥大組織によってサイズが大きくなり肩の張ったかまぼこ型になる。尿道は圧迫され、排尿障害をきたす。左右対称で内部エコーは均一であるのが特徴です。これは肥大症のなかの一般的なタイプであり、側葉肥大の型です。
前立腺癌

前立腺の位置が変形し、サイズはさほど変化はないが、内部のエコーが不均一で、右下方の黒っぽい部分が癌が占める部分です。生検にて癌が証明されています。

症状は切迫尿意、頻尿で来院され、触診で硬結(しこり)を触れました。
前立腺癌検診例その1

PSA6.3にて2次検診を行なった。触診にて硬結(しこり)あり、直腸式超音波検査(TRUS)で黒っぽい癌の部分が明らかであった。生検にて癌が証明された。(生検は超音波観察下に6ヶ所に行なった。)

なお、本人は無症状である。

ページトップへ

前立腺癌の検診で発見された症例の実際と解説の数々
Stage B 前立腺癌
   
前立腺癌の経直腸超音波像
  左はstage Cの前立腺癌、右はstage B。
  栗型の前立腺の下方に黒い腫瘍部分があり、black tumorとも呼ばれている(矢印)。
  ただし、この両方とも肛門からの触診で、前立腺部分に石のような硬さのしこりを触れている。
  この検査法はMRIよりも簡単で診断能力も見劣りしない。
ページトップへ

検査・検診へ